海外進出の初陣として2011年よりインドネシアから事業展開を始めました。新興国の勢いは凄まじいものがあり、そこを「ビジネスチャンス」と捉え、今後はインドネシアのみならず世界各国へ「安藤ブランド」を定着していくことを目標としております。海外で取り扱う業務は、土木建設事業、通関から保管・据え付けまでを含んだ運送事業となっております。「現地の優良企業とジョイントオペレーションをすることと、弊社の本社から管理職を現地に置くことにより、「高品質」と「低価格」をご提案出来るシステムを構築しております。














PT.CAHAYA ARTHA ENGINIREEING(通称:CAE)


本店をジャカルタに、支店をスラバヤに置いている建設工事主体で事業活動をしている会社です。1977年に現社長(日本人)が法人を立ち上げ、現在ではインドネシアにおいて、名実共に地元優良企業として名を馳せています。多数の建設機材を保有していることが強みです。

PT.DEWATA FREIGHT INTERNATIONAL(通称:DFI)


通関から輸送まで、一貫して行うことが出来る会社です。特に通関業に関しては、「KIASIFIKASI(Green)」というインドネシアでの最高ランクを取得している企業でもあります。新進気鋭の企業であり、近年ではインドネシア国内の有名企業から大型案件の受注が出来るまで成長しております。